会員ログイン | よくある質問 | サイトマップ  エコマックスのメニューボタン:お支払お届けについて 燃費向上グッズ@エコマックスのショッピングカート 

重油ボイラ等で燃焼効率を上げる方法

エコマックスストア:ロゴエコマックスストア:送料無料エコマックスストア:クレジット決済
お問い合わせ電話番号
燃費向上グッズ@エコマックス|お問い合わせ

エコマックスのメニューボタン:ホームエコマックスのメニューボタン:ボイラー用エコマックスエコマックスのメニューボタン:自動車用エコマックスエコマックスのメニューボタン:エコマックスの特徴エコマックスのメニューボタン:エコマックスの実証データエコマックスのメニューボタン:燃費向上グッズ一覧

エコマックスストアは、口コミ(くちこみ)で評判の燃費向上添加剤「Beingエコマックス」正規品販売ショップです。例えばボイラーに使えば大幅な経費削減の効果があり、自動車やトラックに使えば排気ガス(NOxCo2)を削減するとともに燃費が大幅に向上し、パワーアップします。限りある資源を最大限に活かすことが出来るエコな燃費向上グッズです。詳細はこちら

[ ECOMAX STORE ] ホーム > ボイラー(灯油・重油) > 重油ボイラーや灯油ボイラー等での燃焼効率を上げる方法

重油ボイラーや灯油ボイラーで燃焼効率を上げる方法

ボイラの燃焼効率を上げるには!
メンテナンスと添加剤が有効です。

 ボイラーのメンテナンスを実施する

一般のボイラーでは、空気比の調整と排ガス温度を管理しボイラーのメンテナンスを実施することで燃料費の削減になります。
又、季節(気温)によって調整すれば更に燃焼に無駄がなくります。
※ただし、残存酸素量をコンピュータで制御するタイプのボイラーは調整の必要がない場合があります。
詳しくはボイラーメーカーにお問い合わせ下さい。

 添加剤を使う

ボイラ用の添加剤エコマックスを添加することで、燃焼効率が大幅に上り経費削減が可能です。
エコマックスは重油や灯油に使用可能な添加剤として、クリーニング店・旅館・ホテル・学校など広くご愛用いただいています。

実際に使用された方の感想はこちら ↓
法人用エコマックス:岬ひとひら

エコマックスをボイラーで使用する場合の特長

1. 灯油、重油燃料に添加すると分子を細分化し炭化水素と酸素が結合しやすくなり燃えやすい燃料に変化させます。
2. 燃焼が向上するため未燃焼ガス削減・カーボン付着の減少がされボイラーの状態がよくなります。
3. タンクや配管内のスラッジが分子レベルで細分化・溶解され燃やす事で状態が良くなります。(堆積していたスラッジが徐々に溶けて燃焼するのでフィルターが過去に詰まった事はありません)
4. 効果が安定するのに1週間〜4週間ほどかかります。(ボイラーの状態により違います)
5. ボイラーの状態に合った調整をする事で燃料費の削減(10%〜20%)ができます。
6.調整の為には必ず導入企業のボイラー担当者とボイラー管理会社との打ち合わせが必要です。調整には費用がかかる場合もありますが、経費・環境の両面の改善になる事を説明し推進する必要があります

エコマックス使用のボイラー調整の手順

1.エコマックス添加前に今迄の設定数値を記録してください。
排ガス温度、排ガス中の残存酸素量、蒸発圧力、蒸気量、缶水ブロー量
2.エコマックスの添加
初回添加量
タンク内残存燃料量と今回給油燃料量に対して1000分の1。
2回目以降添加量
エコマックスを給油燃料量に対して2000分の1。
※注) タンク タンク ロー リロー リ給油前に添加してください。 給油前に添加してください。 給油前に添加してください。 給油前に添加してください。 給油前に添加してください。 給油前に添加してください。
3.ボイラー調整
@ エコマックスの添加後は燃焼効率が高まり温度帯が変化します。
(変化の時期はそれぞれのボイラーで違います。)
A ボイラー内部のススが燃えるので燃焼効率が向上すれば、数値に変化が出ます。
B 変化が安定(1週間〜4週間)したら必要温度(炉内目標温度)の温度帯まで空気比の調整をして下さい。
・空気比範囲1.2〜1.3(排ガスO2濃度が3.5〜4.8%)が理想的です。
・空気比が過大だと排ガス熱損失増え燃費悪くなります。
・空気比の調整は添付の省エネルギーセンター資料を参照下さい。
※ 可能であれば燃料量の調整とノズルの交換も検討して下さい

ボイラー周辺の省エネ(省エネ法より抜粋)

1. 燃料の燃焼における空気比の管理基準を設定すること
2. 燃料の燃焼効率が高くなるように燃料の粒度・粘度等を適切に調整すること
3. 燃料の使用量、燃焼に伴う排ガスの温度、排ガス中の残存酸素量、ボイラーの蒸発圧力、蒸気量、缶水ブロー量などを定期的に計測・記録・保存すること
4. 燃焼設備の保守および点検に関する管理基準を設定し、定期的な保守・点検を実施し、記録・保存すること
5. ボイラーへの給水はJISのB8223の水質基準に準じた水質管理を行うこと

自動車の燃費向上、ボイラーの経費削減にエコマックスエコマックス商品一覧


エコマックスストアのお問い合わせ先

お問合わせの前に「よくある質問」をご覧下さい。
良くある質問


ホームページからのお問い合わせは「お問合わせフォーム」をご利用下さい。
お問い合わせ
24時間受け付けております。

法人様向け燃費向上グッズのご案内
燃費向上グッズ@エコマックス|ページトップへ